• 効率的な自立立体駐車場

    現代のようにモータリゼーションが進んだ時代になると、自動車そのものの性能や耐久性を高めることもさることながら、駐車場などの関連する施設を整備しておくことも重要になってきます。
    特に、さまざまな地域の中心市街地をはじめとする都市部では、すでにマンション、デパート、オフィスビルなどとしての土地利用が行われていることから、できるだけスペースを少なく、しかも多くの台数を収容できる駐車場の設置が求められています。

    自立立体駐車場に関するお悩み解決にはこちらです。

    こうした場合、青空駐車場ともよばれる平面駐車場は、簡単に設置できるかわりに需要を満たすだけの能力には乏しいことから、自立立体駐車場などの、効率的なタイプの導入が必要です。



    自立立体駐車場は、入庫した自動車はそのままドライバーが運転して空いているスペースに駐車することになるため、機械式の駐車場のように常にオペレーターを配置して監視しておかなければならないこともありませんし、コスト面でもより安価に建設することが可能となっています。



    自立立体駐車場は、いまでは都市部の店舗や公共施設、その他の企業などで幅広く用いられており、規模に応じてパターン化されている製品もありますので、個別に設計を組んで建設するよりも、既存のパターン化された製品を導入したほうが、コストも安価で、工期もかなり短縮することができます。

    こうした製品のなかには、建築基準法により構造の安全性や防災などの性能をあらかじめ認められた、大臣認定をともなっているものもあります。